ED治療薬の特徴と違いを知ろう

落ち込む男性

ED治療薬は3種類

博多でED治療を考えている人は博多のクリニックに通うかと思いますが、事前に処方される薬について知っておくといいでしょう。日本で認可されているED治療薬の主成分シルデナフィルクエン酸塩、バルデナフィル塩酸塩、タダラフィルの3つしかありません。これらの中から自分の症状に合う治療薬を探して利用する必要があります。
どの治療薬で治療を進めていくかの最終的な判断担当の医師が行いますが、それぞれの治療薬の特徴を理解しておいても損はありませんので、事前に確認しておていください。

クリニックで相談するのが一番の近道

EDで悩んでいる人はたくさんいますが、クリニックに通ってまで治療している人というのは、実はあまり多くありません。デリケートな悩みなので「恥ずかしい」「相談しにくい」と思ってしまいクリニックに通うの躊躇する人が多いようです。ですが、自分にピッタリの薬を治療してもらうためにもクリニックに通うのがED治療の一番の近道になるので、きちんと治療していきたいのであればクリニックを利用するようにしましょう。

ED治療薬その1「バイアグラ」

世界初のED治療薬として有名なバイアグラ。レビトラやシアリスといった治療薬も出てきましたがバイアグラの人気と知名度には敵いません。2014年には特許が切れジェネリック医薬品も出てきました。人によっては副作用が出てしまう場合があるので、服用する際は医師に相談すると安心でしょう。

ED治療薬その1「レビトラ」

2004年に認可されたED治療薬。バイアグラに比べると水に溶けやすく食事の影響を受けにくいという性質があります。また即効性があるのもレビトラの特徴です。個人の身体に合うならば、副作用も少なく利用できる治療薬と言えるでしょう。

ED治療薬その1「シアリス」

一番新しいED治療薬で2007年に認可されました。バイアグラやレビトラに比べて効果が長く続くのが特徴です。比較的症状の軽いED患者向けに処方されることが薬です。シアリスはバイアグラやレビトラに比べ副作用がほとんどありません。ただ、服用することで人によっては背中や足が痛くなるケースもあるため、使用前に医師の診断を受けるとよいでしょう。